♪3wansと楽しい生活♪      ☆WANは癒しの天才だ☆


by glifin-mamaID
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ココちゃん。。。

大変にご無沙汰の更新です。

今回の記事を書くに当たって、こんなに勇気を持って心を奮い立たせた事は正直、、、
初めてです。。。

この一カ月、、、どうしても自分の中で心の整理が付きませんでした。。。
でも、今日は頑張って投稿したいと思います。



ひと月前の2月12日、、、、

愛するココが、、、『虹の橋』へと旅立って行きました。

e0066883_20483926.jpg


享年・・・11才10カ月。。。
  *Birthday~2002/4/1



正直、今でも目の前にココが居ない事を受け入れられません。。。
だって、、、あの子はとても存在感がある子だったし、、、。
e0066883_218473.jpg

いつも私を見ててくれた。。。守っててくれた。。。楽しませてくれた。。。怒らせてくれた。。。
このひと月、、、毎日、ココが死んでしまった事が嘘ならいいのに、、、って思い続けてきました。
寂しくてならないのです、、、。
仕事から帰って来ると、一目散に胸の中に飛び込んで、ママ~おかえり~!顔をペロペロ~
ご飯の時は隣の椅子に立ち座りして、、、ママ!くださいな!ってね。。。
夜眠る時は、背中と背中をくっ付けて、私を温めてくれた。。。
朝は、携帯のアラームが鳴ると同時に、ママ!朝だよ!起きて!!っと頭をカキカキしてくれた。。。
何もかもが、、、、ココに始まり、、、ココに終わる毎日だった。。。
そんな毎日が、、、無くなってしまった。。。




   ********************************

<経緯・・・>

昨年10月下旬・・・
ある日、、、嘔吐、少し元気がない感じ。。。
でも、翌日にはいつもと変わらず元気!

11月に入って~~~
一緒に寝ていると、、、、ココの呼吸の荒い事に気が付く。。。
                   (ララとは明らかに呼吸が小刻み、、、)
私自身、せき込む風邪に侵されていたので、移したのかと1週間ほど様子を見てた。。。
それでも、呼吸の荒さが夜中寝ていても気になって、、掛かり付けの病院で受診。

触診をした後、聴診器を当てながら、、、先生は、、、首を傾げた。。。
レントゲン、撮ってみましょう。。。

結果・・・肝臓辺りの臓器の腫れが見られた。。。
CTで造影して詳しく見てみた方がいい。。。

そして、、、、
北陸に近隣の大学病院・・・岐阜大学動物病院を紹介してもらい、診察を受けることに、、、
近日・・・受診しました。。。
e0066883_2242448.jpg


その結果・・・
ココの体は、とんでもない事になっていました。
脾臓、肝臓、肺まで癌に侵され、、、病名:『由来不明悪性腫瘍l』~既に末期。。。。
余命宣告・・・ひと月(年内)

治療と言っても、外科的手術も既に負担が大きく、、、断念するしかなく、
抗がん剤治療も、、、焼け石に水状態だと、、、
つまり、、、『手遅れ・・・』


愕然としました。。。。


ひと月?  八ッ? 005.gif 先生、、、何言ってるの??

だって~、、、   
ココ、、、呼吸の荒さ以外は、、、居たって元気!
相変わらず鬼女爆裂でガウガウ言うし、、食欲も旺盛だし、、、階段だって上がったり降りたり、、、散歩だって行くし~何の衰弱も見られません!!

しかし、、、先生の説明は、、、淡々とココの病状を説明されます。。。

診察室を出て、、、待合室の椅子に座るや否や、、、、涙が溢れ出てきました。。。
「なんで!なんで!!!」


時は同じに、、、
昨年夏・・・・実父が胃がんで余命宣告され、、、その頃は、最期の入院をしていた時でした。
父の付き添い泊もしながらの、、、ココの宣告。。。

神も仏も居るものか!?と思ったのは人生初めてです。。。
昨年2月に、最愛のグリフィンを亡くしたばかりでしたし、、、。


岐阜大での診察結果を掛り付けのK先生に話したところ、
ココの場合、、、現段階なら、今なら!今なら癌の根源らしい脾臓の摘出手術をすれば、緩和的治療で負担を抑えられるかもしれない。。。すれば、余命も少しは長引かせることが出来るかも、、、


外科的手術、、、、病んでいる体への麻酔の負担・・・大丈夫だろうか?
でも、、、、今後悪性腫瘍は明らかにココの体をもの凄いスピードで犯し続ける。。。
(人間の4~6倍のスピードで時を過ごしているワンコ達、、、)
これしかない。。。。緩和的手術!ココを苦しめたくない。。。。  せめてもの私のしてあげられる事。

決断しました。 手術を受ける。。。

12月初旬・・・
ココは脾臓摘出手術を受けました。
検査結果・・・「血管肉腫」と判明!

摘出された脾臓を見て、、、、私は現実を知りました。
癌に侵されている。。。。
あまりにも醜い癌! 見た瞬間、、、、その物に憎しみさえも覚えました。
そして、ココをさらにさらに、、、、愛おしく思いました。
そして、、、、残された時間を今以上に大事にする!
そして、私の出来るだけの事は精いっぱいする!と心に誓いました。


その頃・・・父にも最期の時間の宣告をされていました。  
「・・・お父さん・・・。」

何が何だかわからない、、、そんな2013年の師走でした。。。。


ココの術後は順調でした。
傷跡も何もなかったように綺麗になり、、、、
元気一杯! 掛り付けの先生のところで診察後のご褒美おやつが嬉しくて、、、
先生の指をガブッ!するくらいにね!
e0066883_2335722.jpg


その後、、、化学治療(抗がん剤投薬)もしました。。。


そんな中(12月26日)・・・父が、、、他界。。。


ココは定期的(週一のスパンで)に、血液検査をしながら、、、、岐阜大の先生、掛り付けのK先生、そして私で、その都度の治療法を確認しながら、ココの体を見守り続けました。
当初言われた余命を一日一日クリアーしながら、、、、
でも、ココの体はどんどん侵されていきました。
お腹が破裂するのではないかと思うくらい大きく腫れだしました。
それでもココは、持ち前の気丈さで私にも全く弱さを見せませんでした。


2月12日・・・朝。。。
まるで臨月の妊婦さんのようなお腹、、、、そんなお腹で朝のオシッコをした時、、、
あまりのお腹の重さに、腹ばいになってしまう。。。
まずい!と思った私は、仕事を遅刻し、ココを病院に連れて行きました。。。
e0066883_23242672.jpg

                              最後の画像・・・(病院前、車内にて)

その日の先生の言葉は、、、、
ママ、、、ママのお仕事が終わるまでは、、、頑張ります。。。。

・・・・・・・

仕事の昼休み時刻:2時過ぎに様態を聞くため病院に電話すると、、、
お目目キョロキョロ♪で安定してますよ!

ほっ。。。安心。。。


PM4時10分・・・・
携帯が鳴る。。。
ココちゃん、、、危ない状態に!急変しました!すぐに来られますか?


車を走らせ、、、猛スピードっ!!


4時23分  病院到着!!!
目前にしたココ、、、

既に呼吸は止まっていました。。。
心電図が、、、かすかに、、、細く、、、小さく波打っていました。。。
「ココちゃん!ママだよ! ママ、来たよ!!ココ! ココ!!ココちゃん~~!!」
その瞬間、、、
大きく、、、2~3度、、、心電図が、、、、!

先生も、「分かったんだね!ママが来たの、、、分かったんだね、、、。。。。。」

そして、、、心電図は、、、--------

ココは最期の時を、私を待っていてくれました、。

信じられない。ココが死んでしまうなんて、、、

グリフィン・・・父・・・そして、ココまでもが、、、。

この1年、、、あまりに辛い年となりました。
未だに、その暗い中から抜け出られず居ます。
ココの娘、、、ララも様子が変です。
そう、生まれた瞬間からココ母さんとずっと一緒ですからね。。。
e0066883_23332495.jpg

  photo by akotan
e0066883_017830.jpg


e0066883_23343810.jpg


今まで、ココと仲良くしてくださった皆さま、、、
ありがとうございました。
私は、今まで沢山のわんこと過ごしてきましたが、
中でもココは性格が私に良く似ていました。そう、、、鬼女の部分もね。。。(笑)
大好きでした あの子のこと。。。そして、ココも私を大好きで居てくれました。
楽しいこの12年余りを一緒に過ごせた事、、、大事な宝物です。
e0066883_23382657.jpg



e0066883_0133992.gif
いつか、、、、またココに逢えること、心待ちにこの先をララと歩いていきたいと思います。
[PR]
by glifin-mamaID | 2014-03-12 22:36 | ペット