♪3wansと楽しい生活♪      ☆WANは癒しの天才だ☆


by glifin-mamaID
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

グリフィンの容態。。。

先日から、皆様にはグリフィンのご心配を頂き、本当にありがとうございました。040.gif


今日は、グリフィンの現在の容態について、お話したいと思います。


       ******************************

グリフィンの声が#おもちゃの声#になってから、今日で一週間が経った訳ですが、、、、

実は、今日までに色んな症状が出て、一時はどうなる事かと大変な思いをいたしました。。。



12月6日(Sat)・・・・
mamaが午前中仕事に行って帰って来てから、、、グリフィンの声の異変に気付き、すぐに病院に走りました。
病院では、首周辺の触診と血液検査をしていただき、、、それと同時に、甲状腺機能低下障害の特別な血液検査もしました。(既に5年前から発症しているグリフィンの持病です。)
結果は、白血球数が高く、甲状腺の検査も1部基準値を下回る項目が見つかり、抗生物質と共に甲状腺の薬も0.5錠増やす事になり、服用後の様子を見ることになりました。。。



12月10日(Wsd)・・・・
朝、グリフィンがいつもの様子と少し違う。。。
mamaが仕事に行くために身仕度をしていると、、、それを眺めてい居るグリフィンが異常なヨダレを流していた。。。(泡のようなヨダレが口元から垂れ落ちていた。)

慌てて、病院へ連絡!(犬が通常ではないヨダレは、異常です。)←食べ物を前にした時のようなツゥ~と垂れ落ちるのとは違います。
すぐに、病院へ向かいました。


病院では、、、
口の中を調べるため、麻酔を掛け調べた結果・・・大変な事が判明しました。。。。。
待合室で待っていたmamaが呼ばれて、診察室へ入って目にしたグリフィンは、、、、
診察台に横たわっていました。。。これは、麻酔がかかっていたからですが、、、。
先生からグリフィンの状態を説明され、mamaは絶句!しました。。。

グリフィンは、舌の裏に異常なまでの潰瘍が出来ていて、口内はくちゃくちゃに荒れていたのです。(もうご存知の事と思いますが、グリフィンは噛む犬です。ですから、いつも病院でも口輪をして診察を受けて来ました。そう、12/6の診察の時も口輪を装着しての診察でした。)
おとなしいワンコと違い、、、簡単に口の中を見させてくれるグリフィンではありません。
ですから、このような事態になっていたことが、ヨダレの異常がなければ全く分かり知る事は出来ませんでした。
そして、全身の触診もされました。
その時に、お腹に3センチほどと思われる塊が触りました。。。

まだ詳しい検査は必要でしたが、レントゲンにも映らないお腹の塊。。。
もし、これが悪性のものであれば、口の中の状態、そして声の喪失、、、関連性が高いと考えなければなりません。。。
mamaは絶望的になりました。。。
グリフィンが、まだまだ若ければ、、、、すぐに外科的処置をお願いしたでしょう。。。
しかし、あと3ヶ月もすれば彼は15才です。。。。あまりに老体です。
そして、免疫力が低下する病気も発症しています。。。
mamaは、込み上げてくる涙を抑えることも出来ず、泣きながら点滴を受けながら眠っているグリフィンを撫で続けました。。。

彼が、麻酔から目覚め、、、家に連れて帰る車中・・・・
mamaは、7月に虹の橋へ旅立ったタマに続き、グリフィンまでも、、、と思うだけで、涙が溢れました。そして、これからもしグリフィンが病魔と闘わなければいけないのであれば、常に彼の側に居てあげようと、現在のmamaの生活も変える覚悟をしました。

mamaもこのまま仕事を続ける事も出来ないと思いました。
私は、異常でしょうか、、、?愛犬の為に職を辞めるとは、、、。
でも、、、他人にどう思われてもいい。グリフィンの為なら何でも出来ると確信しました。
グリフィンは、私が我が仔として育てた初めての仔です。
いつも申しますが、、、「私が生んだと言ってもおかしくないのだ。」とね。。。
それほどまでに、グリフィンを愛しています。。。ですから、我が仔が苦しんでいる時にどんな事があろうと側に居てあげようと思いました。

*ここまでをお読みになって、少しでも腹立たしく感じられ方は、スルーしてください。)


12月11日(Thu)・・・・
仕事を半日で切り上げさせていただき、グリフィンを病院に連れて行きました。
そして、、、この日の診察では、、、
昨日触ったはずのお腹のシコリが、ないのです。。。
何度、触ってみてもありません。。。
私も、昨日は確かにそのシコリを確認しました。しかし、、、ないのです。
昨日のレントゲン写真では、写っては居なかったのですが、確かに触りました。。。
先生も、もしかしたら、溜まっていた便だったのかと。。。
結果、、、お腹のシコリは翌日には無くなっていました。

っと、なると、あとは舌の潰瘍です。
舌の裏は、本当に見るにも耐え難いほどの荒れようで、その為舌の厚みも2倍以上に腫れ上げっていました。声の異常もそれが原因かもしれません。
もちろん、麻酔で眠っている間に咽の奥までポリープがないか確認してもらっています。
「舌切り雀」ではありませんが、、、舌に異常があれば、確かに声は出しにくいものね。。。


12月12日(Fri)~13日(Sat)・・・・
毎日、2時間もつづく点滴を受けに病院に通っています。。。
舌の腫れは、日々、回復に向かっています。
しかしながら、、、未だ彼の声は戻っていません。。。。
今後、舌が快復次第・・・声の検査を続けていく予定です。。。


本日まで、本当に皆様にはご心配と励ましの言葉を頂きましてありがとうございました。




今日のグリフィンです。。。↓




点滴用の針が刺さったままで、可愛いお花の妖精になっているグリフィンです056.gif
e0066883_21514118.gif


午前中~
デッキに出て気分転換です♪
e0066883_2153749.gif

e0066883_21525360.gif

自分でも声が変なのには、はがゆい思いをしているようです。。。


そして、、、午後から点滴に病院へ行きました~♪
e0066883_2153436.gif

e0066883_2154070.gif

この後、、、
大量の点滴による水分が体内に流され、、、耐えられなくなったグリフィンは、、、、
mamaの膝の上でおしっこたれました~!
「ギャー!!」絶叫のmama\(◎o◎)/!

mama、、、、、ブーツの中まで、おしっこまみれ。。。。008.gif
「ちょっとぉ~!!あんた、、、何してくれんのよぉ~!!」 (怒)

mamaは、先生にグリフィンをお願いして、、、、近くにあるmamaの実家に駆け込みました~。。。
mamaのママのタンスから、、、紙パンツとブカブカのズボンを拝借して、、、
またまた病院に戻りました~^^;

ま、愛するグリフィンのオシッコぐらい、、、、どぉ~ってことないですがね。。。
でも、、、どうみてみても、、、mamaがションベンタレになったみたいでしたから、、、それは、、、ちょっと許せませんよね。011.gifヘヘヘ


っと、まぁ、珍事件もある中で、、、
グリフィンは未だ声も戻らず、、、まだ病院通いをしております。。。
mamaは、一時は尋常ではない落ち込みで周囲の皆さんに多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたが、最悪の事態を脱し、今はグリフィンの回復に専念しつつ元気に頑張っております。

今後のグリフィンの経過をまた日を追ってお話していきますね。


*今回の経験で~*
ワンコは、言うまでもなく、言葉での会話が出来ません。。。
ですから、少しでも愛犬の体の変化には気を配ってあげたいと思いますね。
グリフィンのこんな事態になるまで、気付いて上げられなかった事、、、
本当に可哀想な事をしてしまいました。。。
これからは、もっともっと我が子達の小さな変化に気付けるようにしなければと反省しました。



↓↓↓ポチっとよろしくワン♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
[PR]
by glifin-mamaID | 2008-12-13 22:09 | ペット